グルテンフリー クッキーの おから研究工房

TEL 076-422-9977 

お問い合わせ受付10:00-17:00

Q&A よくある質問

Q:クッキーはアレルギーフリーですか?

おからクッキーは小麦、卵、乳などアレルギーを引き起こしやすいとされる特定原材料7品目を使用していない低アレルゲンのクッキーでが、米粉クッキーは卵を使用しております。
なお、大豆やごまを除くアレルギー物質が製造工程で混入しないように努めております。(※アレルギーフリーではありません


 

Q:大豆もアレルギー物質?

アレルギーの原因食物

アレルギーの原因食物

大豆は、食品表示法(旧・食品衛生法)で定める「食品のアレルギー表示制度」において、表示義務のあるものとされています。

以下のページによると、アレルギーの原因物質とされる食品全体の約2.0%が大豆となっています。
厚生労働省:政策レポート(食品のアレルギー表示について)より引用。右図も。


 

Q:アレルギーを含む食品について詳しく教えて下さい

農林水産省が定めた7大アレルゲンとは、卵、牛乳、小麦、そば、落花生、えび、かにをいいます。

患者数の多さや症状の重さから、原材料として使った場合だけでなく、原材料を作るときに使った場合も、これらが使われたことがわかるよう、製品パッケージやラベルには必ず表示してあります。
当製品では、米粉クッキーに卵を含んでおります。なお、製造工場において、えびを含む製品を製造していますので、微量でも混入する可能性があります。
ちなみに、農林水産省ではアレルギー表示として上記7品目以外に、アレルギーの原因となることが知られている食品として、次のものをあげています。
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン
等です。大豆やごまアレルギーの方は摂食にご注意ください


 

Q:低アレルゲンについて詳しく教えて下さい

低アレルゲンとは、特例原材料の3品目(卵、乳、小麦)を原材料に使用していないことをいいます。

あくまでお客様の選択の参考としていただくためのもので、お客様にアレルギー症状が発症しないことを保証するものではありません
またアレルゲン除去商品ではありませんので、敏感な方はご注意下さい。
お客様の症状の程度、またその日の体調により、アレルギー物質の微量な混入でも発症する場合がございます。
敏感な方、症状が重篤な方は特にご注意下さい。

Q:トランス脂肪酸について詳しく教えて下さい

こちらのページで詳しく紹介しています。


 

Q:ショートニングは使っていますか?

当店では、平成29年6月から植物油脂、いわゆるショートニングを使用いたしました。

ショートニング (shortening) は、主として植物油を原料とした、常温で半固形状(クリーム状)の食用油脂です。マーガリンから水分と添加物を除いて純度の高い油脂にしたものと考えてよく、昔からパンや焼き菓子の製造などにバターやラードの代用として利用されてきました。製菓に使用するとサックリと焼き上がり、揚げ油に使用すると衣がパリッと仕上がります。この様な食感を表す意味の形容詞“short”が語源となっています。

ショートニング は水素添加の処理時に脂肪酸が一部トランス化し、人工トランス脂肪酸を生成します。これが心臓疾患・アレルギーを中心とする健康被害を引き起こす可能性が指摘されるようになって注目を集めるようになりました。

ショートニング – Wikipedia より引用

当店では、それまで輸入していた動物性マーガリン(乳フリー)が入手できなくなったことから、国内外の油脂10種類以上を比較検討して、100g中0.6gという含有量の国産食用植物油脂(実質トランス脂肪酸フリー)を使用することにしました。


Q:ひと箱ぶんのクッキーの重量はどのくらいでしょうか?

約300~340グラムです。


Q:クレジットカード決済時のキャンセルはどのようにすればよいですか?

  • メール等でご連絡下さい。こちらでカード会社に連絡し、キャンセル処理の手続きをいたします。
  • ただし、以下の様なことが起こる場合がありますので、ご了承下さい。
    • 一旦頂いたご注文をキャンセルする場合や、複数のご注文で送料をまとめる必要が出てきた場合には、プラスの売上データとマイナスの売上データが作成され、カード会社に伝送されます。そのため、発行カード会社により、プラスとマイナスが相殺され、カード会社の請求明細に表示されない場合や、両方のデータが請求明細に表示されることがあります。
    • 売上処理のプラスの売上データならびにキャンセル処理のマイナスの売上データ共に、処理をした翌日に加盟店契約カード会社へ伝送されますが、請求サイクルをまたいだ処理は精算にズレが生じます。
    • また、消費者とカード会社間の精算においても、カード会社設定の請求スケジュールによっては一旦引き落とし後に返金処理がされる場合もあります。