グルテンフリー クッキーの おから研究工房

TEL 076-422-9977 

お問い合わせ受付10:00-17:00

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸について

トランス脂肪酸を摂り過ぎますと、悪玉コレステロールが増える一方で善玉コレステロールが減少し、動脈硬化につながるといわれています。

2015年6月、アメリカ食品医薬局(FDA)では、トランス脂肪酸の食品への添加を「2018年6月移行は原則認めない」という方針を打ち出しました。

 

トランス脂肪酸の種類

しかし、ひとくちに「トランス脂肪酸」といっても種類がいくつかあります。

FDAで禁止するトランス脂肪酸は、「工業由来」であって、かつ「硬化油」のもの のみです。

同じトランス脂肪酸であっても、ドレッシングなどの植物オイルに含まれたものや、自然界に存在する「天然由来」のものは、禁止されていません。つまり、人工のトランス脂肪酸が良くないのです。

世界各地に広がる規制の流れ

米国以外でも、デンマークやスイスでは食品中の含有量が規制されています。カナダや韓国、台湾などは含有量の表示義務があります。

日本では、消費者庁が11年に指針を打ち出し、食品関連企業に含有量の表示を勧めています。

トランス脂肪酸を多く含む食品

一般的に、マーガリン、ショートニングを使う菓子パン、ピザ、ケーキ、フライドポテトなどに、トランス脂肪酸は多く含まれています。

ですが、当グルテンフリー クッキーに使用している食用植物油脂に含まれるトランス脂肪酸は100g中0.6g(メーカー調べ)と極めて微量なため、ほとんど影響はありません。

安心して召し上がって頂けます。

グルテンフリー クッキー(サクサク)